検索

インデックス等価


つい最近、とある優れた投資家とツイッターで絡んだ際、その人物はとても面白いことを言いました。


いつも株買う時にVTじゃなくてわざわざその株買う意味ある?と自分に問いかけている、と。



なんかかっこいい。




水辺なんて何も考えずに株を買ってるのに。



とても興味深かったので、水辺の大学の専攻だった不確実性下の何とかの話を絡めつつ、

水辺の個別株投資について考えたい。



果たしてわざわざトレデスを買う意味があるのか・・・・。






皆さんは、確実性等価って分かりますか?


僕は分かりません。



忘れました。ナマ言ってすいませんでした。大学の記憶がありません。

もう何も脳に残ってない・・・。



おぼろげな記憶をたどれば、確実なことには価値があるってことでした。たしか。



100%確実に500万もらえるくじAと、


1/2で1000万もらえるくじBでは、



期待値は同じ500万でも、大抵の人がくじAに魅力を感じる・・・・。



感じませんか??



感じますよね??



感じてもらわないと困るんですが???




多分なんかこんな話だった。



要は確実というものにはそれだけで価値があり、

仮にくじBをくじAと同じくらい魅力的にしようとするなら、それ相応の付加価値を乗せる必要があります。


(ちなみにクソどうでも良いですが、この付加価値をリスクプレミアムって言ってました。なんかかっこいいですね。)



実際、くじBの「当たり」の確率を60%に上げたとしても、

もう期待値ではくじAを超えてますが、それでもくじAを選ぶ人が大半ではないでしょうか?



まぁ確実ってのは尊いってことですね。



ここらへんの話は投資の話でも出てきて、

「確実なくじ」は国債になってました。たしか。


国債でなく、わざわざ株を買うからにはそれなりのリターンの上乗せがいるというものです。



ですが、株クラでわざわざ国債に多くの資金を投じている人は稀です。


まぁ「株クラ」ですから当然ですか・・・。


最近は国債の利率もえらく安くなり、あまり旨い投資対象ではないかもしれません。



まぁ、ここは最初の趣旨に沿って、国債の代わりにインデックスを基準にします。


いくらインデックスでも確実は言い過ぎなので、「インデックス等価」です。



わざわざVTでなく個別株投資するからには、VTを選ばないだけの付加価値が要るという感じですね。まさに。



さっきのくじで言えば、VTはとてもハズレが少ないくじだと思います。(適当)


個別株はハズレが多く、当たりを引く可能性がその分低いくじになるでしょう。(超適当)



ならば、当たった時の報酬がその分高くないと釣り合いません。



また、期待値は同じでも、あえてVTと同じ期待値の個別株を選ぶ理由がありません。


ハズした時に痛いですし。


VTを超えるくじは、VTと同じリスクでリターンがそれ以上のくじか、それ以上のリスクだがそれを許せるだけの大きなリターンがあるくじということですね。



あたりまえですね。




何を言ってるんだ水辺は、アホなのか。



まぁ、現実的にはVTと同等のリスクの株式はそうないでしょうから、

それ以上だけどリターンが良いものになってきますね。


とても良く設計されたスマートベータなら明確に多くの人がVTから乗り換えたいと思うくじができそうです。いけるかな??



個別ならリスクの高さはいかんともしがたいので、もうリターンで語るしかないですね。



それなりの付加価値を感じるリターンが欲しいですね。爆益なくして個別無し。




僕は個別株にQQQ以上のリターンを求めていますが(願望)、それ以下ならQQQをおとなしく買った方が良いです。リターンが同等でもです。



小型株爆益投資家である水辺は当たれば滅茶苦茶高いリターンを得れる(多分)一方、ハズレがとても多いくじ。



まぁ、稀代の天才投資家である水辺の買う株なら8割方爆益のハズだからインデックスに完勝ですね!!やったぜ!!



最後は主観的確率に逃げる水辺。



主観的確率、まさしく主観である。



だが考えても見て欲しい。あらゆる勉強、あらゆる努力.....。

それが投資のリターンを押し上げる・・・。



それは主観ではないのか?



努力でリターンが上がると誰が決めた??



一生懸命銘柄を分析して、それで「高い確率で勝てる」と思うそれは、


主観だ。



根拠などない。



だがそれでいい。



不確実性という果てしない闇の中で、自分の行く道を照らすもの。


それは己の主観。


主観的確率に他ならない。



投資だけではない。



人生のあらゆる選択。その一つ一つに、確実なものなどないのだ。


この選択が正しいと、教えてくれる者はいない。


自分自身で闇の中を進むしかない。



どうか覚えておいて欲しい。己の主観だけが、闇を照らす光明なのだと。



そして忘れないで欲しい。


下のブログ村のボタンを押すことを。




これからも、



水辺の投資ブログをチェックだ・・・・・。






286回の閲覧

最新記事

すべて表示

蛮勇

はい。 なんか最近、 コロナ底でリスク取ってたら爆益だったんですよ!! みたいな話が散見されます。 はい。その通りです。 ほんそれ。 当然だよなぁ?? 水辺もコロナショックで一気にお金が増えたので(2020年始めは2100万くらいでしたしね)、その点異論は全くありません。 ただまぁ、しかしですね。 当然っちゃ当然なんですが。 もう去年の底ってどこか分かってるわけじゃないですか。 いやね。 分かりま

臨時収入を得た

森トラスト総合リートから分配金の通知が届きました。 そういや出ますよねぇ。 普通に忘れてました。 まぁ逆に意識してない分、臨時収入みたいで嬉しいですね。 リートは野村証券で信用の代用証券として差し入れてますが、 (森トラスト  12口・ビルファンド 2口・日本リート  2口で、だいたい400万くらい。) 金額としては割と大きいので、分配金も結構貰えます。 ビルファンドと日本リートの分配金もそのうち

微増と盤石

昨日はセルシウスが上昇し、他もまぁちょっと上げたので資産が80万ほど増えました。 わずかな上昇ですが、まぁこんなもんでしょう。 もしこれがボーナスの金額なら飛び上がって喜ぶんですがね。 どうしてこうも感覚が違うのか。 現状割と盤石というか、 セルシウスは恩株だし、アップルやアマゾン、エヌビディアは心配してないし、 CXSEは上がってないけど(ETFなので)多分大丈夫だろうと思ってるし、 COOPは