検索

ボーナスで買った銘柄


遂に僕にもボーナスが振り込まれました!!


この資金を使って狙いの株を買おうと思います。


「水辺の投資ブログ」を読んでくれている善良で心の清らかな皆様は、何かちょくちょく僕がボーナスで買いたい銘柄が~とか書いていたのを読んでくれていたかもしれませんね。



では、大発表・・・・・!!

僕がボーナスで買った銘柄は・・・・・!!



ドドーン!! SECカーボンです!!!!!




えっ? あ、追加購入ですか??

と思った方はお目が高い。その通りです。実はもう持ってます。


それを追加購入。なにがそんなに大きなことかって?

SECカーボンの1株当たりの値段はとても高いのです。もう最低単元を買うのに100万円握りしめて買うほどです。それを買い増し。

今や我が日本株軍団の中で圧倒的ウエイトを誇っています。



SECカーボンの分析については、こちらをご覧ください。(数字は当時のもの)



SECカーボンについては、前回のブログ時点よりある程度金額が上昇しましたが、未だに指標的には割安です。


ただし、これはあくまでこの銘柄単体で数字を見た場合。

果たしてこの銘柄にボーナスを注ぐほどの価値があるのか・・・。


その判断を下すには、もう少し深堀する必要がありますね。



追加投資に値するか否か


増配の発表、概ね好調な決算からの株価の上昇。

既にある程度報いてくれたSECカーボンですが、株価が上がった今でも購入する価値があるのでしょうか?


そのためには、僕がこの銘柄の価値をどこまでだと思っているか(現時点でどれだけ過小評価されているか)をはっきりさせなければなりません。


ズバリ、今の株価の1.5倍~2.5倍が「妥当」の範囲だと考えています。

(完全に個人の考えです。下がっても責任はとれないので、決して簡単に購入しないでください)


根拠の一つになるのが、同業他社のPERですが、明らかにSECカーボンだけが低いです。もし、SECカーボンが業界内の平均的なPERまで上がれば、1.5~2倍にはなるでしょう。


ただし、このような場合、SECカーボンだけが低PERなのは、何かこの銘柄に問題がある可能性が高いです。


上のリンクでSECカーボンの分析をしていますが、これだけでは、極めて健全・高収益な企業といった印象。そうなると、同業他社はそれ以上に良い業績なのでしょうか?


同業他社の業績を見た結果(詳細は長いので割愛させてください。すみません。)


  • 概ね似たり寄ったり。しかし、わずかに明暗の分かれが見受けられる。

  • 低PER・高配当。(例外に東洋炭素)

  • 総じて利益率が高い。

  • 特段SECカーボンより良い決算ではない。(むしろ良くない)


といった傾向がありました。

では、SECカーボンは同業他社と比較してどうなのでしょうか?


  • SECカーボンの決算書は好調。(ただし、2019/10/25に一度下方修正を発表している)

  • 低PERだが、高配当ではない。(最近増配を決めても他社に負けている)

  • 利益率は最も高い(他社を凌ぐ)

  • 来期に向けて大きな設備投資を発表している。


僕はこのSECカーボンの決算書を読んで、大きな可能性を感じました。また、ホームページの商品説明(まったく分りませんが)でも、その商品の性能は他社の同種の製品を凌ぐ!!

っていう感じを出している(気がします)。


結論

SECカーボンのPERが低い理由。それは、配当利回りの低さではないでしょうか?

概ね、カーボン業界の特徴として、低PER・高配当があり、商品の利益率も概ね高いことが分かりました。どちらかと言えば、投資家はこの業界の企業を成長株としてではなく、低成長の高配当株と見ていると思います。その中で、企業としての規模も小さく、明らかに配当が低いSECカーボンは決算書の内容が優れていても(商品も良いらしいですが:SECカーボン談)見向きもされなかったのではないでしょうか?


仮にそうなら、SECカーボンの株価は

「似たり寄ったりの業界の中で平均より低い配当を出す企業」という考えの中での価値であり、現在僕が考えている「業界の中でも優秀な成績で、今後成長の余地があり、いずれ平均的な(あるいはそれ以上の)高配当を出す企業」という企業像は織り込んでいないと考えます。


ほぼ間違いなく、配当利回りが上昇した場合、株価は上昇するでしょう。

既にSECカーボンは増配を発表しており、業績も優秀。今後に備えての設備投資も行っています。


増配余地のある割安株に投資する場合の最大の旨み


企業の業績好調→株価上昇→配当利回りを維持する(あるいは上げる)為に増配→更に株価上昇→更なる増配


が、狙える銘柄と考えます。安全域で守りつつ、現状でも一定の配当収入が得られ、恐らく、2倍前後が妥当で、かつ事業の成長次第では上も狙える。


大変優秀な銘柄と考えました。よって追加購入。

もし2~3倍になれば、僕も一気に資産を増やせます。もちろん、無くなれば痛い額ですが、致命傷にはなりません。


皆様も、もしSECカーボンの上昇のニュースを目にすることがあれば、僕のドヤ顔を思い浮かべてください。


以上、ボーナスで買った銘柄。まさしく勝負銘柄です。


・・・・・・勝ちたいんや!!!














261回の閲覧

最新記事

すべて表示

蛮勇

はい。 なんか最近、 コロナ底でリスク取ってたら爆益だったんですよ!! みたいな話が散見されます。 はい。その通りです。 ほんそれ。 当然だよなぁ?? 水辺もコロナショックで一気にお金が増えたので(2020年始めは2100万くらいでしたしね)、その点異論は全くありません。 ただまぁ、しかしですね。 当然っちゃ当然なんですが。 もう去年の底ってどこか分かってるわけじゃないですか。 いやね。 分かりま

臨時収入を得た

森トラスト総合リートから分配金の通知が届きました。 そういや出ますよねぇ。 普通に忘れてました。 まぁ逆に意識してない分、臨時収入みたいで嬉しいですね。 リートは野村証券で信用の代用証券として差し入れてますが、 (森トラスト  12口・ビルファンド 2口・日本リート  2口で、だいたい400万くらい。) 金額としては割と大きいので、分配金も結構貰えます。 ビルファンドと日本リートの分配金もそのうち

微増と盤石

昨日はセルシウスが上昇し、他もまぁちょっと上げたので資産が80万ほど増えました。 わずかな上昇ですが、まぁこんなもんでしょう。 もしこれがボーナスの金額なら飛び上がって喜ぶんですがね。 どうしてこうも感覚が違うのか。 現状割と盤石というか、 セルシウスは恩株だし、アップルやアマゾン、エヌビディアは心配してないし、 CXSEは上がってないけど(ETFなので)多分大丈夫だろうと思ってるし、 COOPは