検索

リスクテイク



株式はリスク資産です。



株式投資とはリスクを取ることです。



要は株に必要なのはクソ度胸です。




2月~3月に買い向かえた蛮勇の者共が爆益を貪るなか、


一世一代のチャンスを逃した投資家は未だに低パフォーマンスに甘んじています。



彼らを分けたのは知識ではなく、ただただクソ度胸。



株式投資はリスクをとる行為だと認識していたかどうか、です。




市場に居続ければ稲妻が輝く瞬間に立ち会う時があると言いますが、



まさしくコロナショックからの回復、あの3月後半からの圧倒的な上げに居合わせたかどうかで大きくパフォーマンスが変わったのではないでしょうか。



大事なのは市場に居続けることと言います。



実際、長く居続ければ稲妻に立ち会う可能性も高くなるはず。




では、稲妻に立ち会たのか?




ここが投資家としての度量が問われるところなのではないでしょうか?



多分。




100の理論を弄するより。


1000の弁舌を並べ立てるより。



ただ一度の稲妻に立ち会うことこそが、投資家の実力、度量を示しているのではなかろうか。




つまり、クソ度胸だ。




あそこで市場から降りた投資家。



資金を戻し、上がっていく株価をブルブル震えながら見ていた投資家。



そんなクソ雑魚チキンタツタにどうして爆益が掴めようか???




そう、結局のところ、株式投資とはクソ度胸




リスクを取る代わりに報酬をもらう。



それが・・・・株・・!!!



知識も、


経験も、


戦略も、


哲学も、



全てはリスクを推し量り、果敢に取っていくため。



何度だって言う・・・・。



暴落が怖くて投資ができるか!!!




なんだかごちゃごちゃと・・・・。



下がる理由ばっか探しやがって・・・。



リスクを取らない理由ばっか探しやがって・・・・。



あのなぁ!!



不安になるだろうが!!!




やめろよ・・・・。





現金比率を高めたり、オプションを購入したり、あるいは単純に分散したりと。


「備え」は大切ですが、



ここはリスクの取り時だ!!



となった時は、果敢にリスクをとるのが、爆益投資家というものです。





まぁそれでお金が吹っ飛んでも水辺は責任取らんけどな。






ここ最近の下げ場でまただいぶ攻めました。


なんか上がってきたので、これは勝つるか??

と思って、



ここで鼻持ちならないドヤとフラグを建設することにします。




これが勇者の英断か。



あるいはただの暴走か。



その結果が知りたい人は・・・。




水辺の投資ブログをこれからもチェックだ・・・・・!!



















225回の閲覧

最新記事

すべて表示

蛮勇

はい。 なんか最近、 コロナ底でリスク取ってたら爆益だったんですよ!! みたいな話が散見されます。 はい。その通りです。 ほんそれ。 当然だよなぁ?? 水辺もコロナショックで一気にお金が増えたので(2020年始めは2100万くらいでしたしね)、その点異論は全くありません。 ただまぁ、しかしですね。 当然っちゃ当然なんですが。 もう去年の底ってどこか分かってるわけじゃないですか。 いやね。 分かりま

臨時収入を得た

森トラスト総合リートから分配金の通知が届きました。 そういや出ますよねぇ。 普通に忘れてました。 まぁ逆に意識してない分、臨時収入みたいで嬉しいですね。 リートは野村証券で信用の代用証券として差し入れてますが、 (森トラスト  12口・ビルファンド 2口・日本リート  2口で、だいたい400万くらい。) 金額としては割と大きいので、分配金も結構貰えます。 ビルファンドと日本リートの分配金もそのうち

微増と盤石

昨日はセルシウスが上昇し、他もまぁちょっと上げたので資産が80万ほど増えました。 わずかな上昇ですが、まぁこんなもんでしょう。 もしこれがボーナスの金額なら飛び上がって喜ぶんですがね。 どうしてこうも感覚が違うのか。 現状割と盤石というか、 セルシウスは恩株だし、アップルやアマゾン、エヌビディアは心配してないし、 CXSEは上がってないけど(ETFなので)多分大丈夫だろうと思ってるし、 COOPは