検索

小型株に手を出すということ


小型株に手を出すとかマトモじゃないです。



なんせもうすごく動きます。もちろん、大型株も大きく動くことはありますが、やはり小型のほうが値動きが激しい気がします。



STNEを損切りしました。40%くらいは含み損でしたね。


逆にトレードデスクは買った単価によっては倍以上になりました。

まぁ最近さらに買い増したんで含み益は50%くらいに下がりましたが。



今までも割と買った株が2倍になることは良くありました。

そして半分になることも良くありました。



ようは小型はすぐに倍になってすぐに半分になる株なのですね。

面白いですね。



2つの銘柄に100万ずつ投資したとして、

仮に片方が200万、片方が50万になったら、なんか250万で得した気分ですね。


実際はそうもならないかもしれませんが。



とりあえずEPSの伸びている最高な企業に投資しておけば、倍になる可能性を上げられるかもしれないし、株価が下がっている割安なタイミングで買えば、半分になる可能性を少なくできるかもしれません。


まぁけど株価が大きく下がってる、しかも不況で全体が大きく下がっているときは、体力のある大きな企業のほうが絶対良いですよね。



まぁつまり、小型株なんてやるのはやべぇ奴です。



ちなみに水辺は倍くらいは良くあるとドヤりましたが、持ち株を2.5倍以上にしたことはないです。


言ってそれほど長い投資歴でもないので体感に意味があるのか不明ですが、今まで持ち株が2.5倍を少し上滑りしたくらいで突然2倍前後まで急落してしまうことが頻繁にあり、そこで狼狽して売ってしまうのがテンプレでした。



大抵売った後に切り返してそのまま上がっていくのです。サイボウズは信じてなくてゴメンね。



あるいは、これも多いですが、結局ずっと1.5~2倍くらいを往復している銘柄とかもあります。もちろん、長い目で見たら新高値をつけるのかもしれませんが。



このように、小型株は割と短期に1.5~2.5倍くらいにはなり(水辺の体感)、

同じように短期に0.4~0.7倍くらいにはなります(水辺の体感)。



信じるか信じないかはあなた次第!!!(眉唾)




ここでうっかり簡単に持ち株を倍にしてしまうと、



俺ってできるじゃん!!才能あるかも!!



とかいうあり得ない妄想に取りつかれて小型を触り続けるモンスターが誕生します。




なので、小型を触ってはいけません。




水辺のように簡単に持ち株を倍にできる才能のある投資家ならまだしも、

皆様のような凡百の投資家が小型を触り続ければ破滅は必至。



また、世の中にはとんでもなく稚拙な分析正気の沙汰とは思えない選別方法で銘柄を選んでいる人間もいるとか。


僕も聞き及んだだけしか知りませんが、なんでも名前が長ければ優良銘柄・・・とか。




投資家の風上にも置けませんね。




皆様もそんなやべー奴に騙されて小型に手を出して失敗しないように重々注意してください。



善良な水辺は皆様の身を案じております。




聖人のような人物が運営する水辺の投資ブログ。



書いた人間の善良さが文章から滲み出ている。



この水辺という男、


さぞ高潔な男に違いない。



そんな人間的にも素晴らしい水辺の投資ブログを、


これからもチェックだ・・・・!!!







1,065回の閲覧

最新記事

すべて表示

とりあえず今の持ち株について。 全部書くと長すぎるのでアメ株だけで行きましょう。 大きい奴から、 APPS、CRM、CELH、JPM、GRWG、GOOG、SOXL、U、STKS、MSFT、LTCH、PINS、INFY となっています。 デジタルタービン:1000万(ザックリ) 個人的には良い会社だと思っていますが、いかんせん株価がえらい堕ちてますね。 とても今買い増ししようとは思いません。けど売り

今日は持ち株について書こうかと思ったら、 楽天証券がメンテで見れません。 いや、大体分かるんですが。 まぁ今日は良いでしょう。 何やかんや毎日爆損してますね。 下落率が殆ど変わらず落ちてるのがヤバい。 まぁ資産が減ったことで率がヤバくても下落する金額はマシになってます。 いやーラッキーですねぇ。 実は年末年始からずっと体重が増えていたのですが、流石にそろそろ落として行きたい。 そう思うこの頃。 今

毎日爆損、水辺です。 ついに準富裕層から転落しました。 久しぶりですね。 去年も爆益で7000万を早々に超えたあと、一気に暴落して5000万を割る悲しい事態になりました。 こういう動きをしていると、上がっているときは凄い凄いと言われてちょくちょく褒められて僕もまんざらでもないんですが、下がると皆失望して僕が大したこと無いと気付きます。 当たり前と言えば当たり前ですが、こういうのがハイボラ投資の醍醐