検索

日々の上げ下げが大きいぞ


去年の今頃も大きく下げた後で、給料で失った資産を補填するような状況でしたが、

今年も別の意味で給料で資産を補填することになります。


昨日も書いたばかりですが、SECカーボンが続落。

さらに、日本株はほとんどが下げてしまい、今日は大きく資産を失いました。


ただ、年初からみれば一応プラス。SECカーボンも平均単価が約89,000なのでまだ微妙に利益があります。


また、アメリカ株はとても強いので、PFは未だ大きな含み益があります。


なら問題ないのかと言えば、大きな問題が一つ。


2100万を超えてから、1日の資産の振れ幅が僕の手取りと変わらないような状況が良くあります。むしろ超えてるかもしれません。


こうなってしまうと、給料が入っても資産が増える感じがしなくなってきます。給料が振り込まれた日にPFが数%下がるとトータルでの資産が横ばいです。連日下がればもうトータルでマイナスです。


資産が大きくなったのは喜ばしいですが、労働の喜びである給料の振込がここまでインパクトが薄い年があったでしょうか?いや、無い。



給料が低すぎるのか。PFがでかくなったのか。



もっと手取りを下さい。


逆に資産の僅かな値動きが労働収入を超えるとしたら、もう僕は資産家??


おいおい、底辺投資家卒業か??


てか、給料が少なすぎるだけやんけ。



もっと手取りを下さい。






去年、上司に呼び出されて給料の増額を宣言され、意気揚々と働きましたが、



昇給発表の時に「おう!!あれは嘘だ!!」と爆笑されました。



なに笑てんねん・・・。



弊社はアットホームな職場ですね~



やはり僕には投資しかない。





頼むぜ、SECカーボンと愉快な仲間たち



お前たちの健闘に期待だ!!







88回の閲覧

最新記事

すべて表示

蛮勇

はい。 なんか最近、 コロナ底でリスク取ってたら爆益だったんですよ!! みたいな話が散見されます。 はい。その通りです。 ほんそれ。 当然だよなぁ?? 水辺もコロナショックで一気にお金が増えたので(2020年始めは2100万くらいでしたしね)、その点異論は全くありません。 ただまぁ、しかしですね。 当然っちゃ当然なんですが。 もう去年の底ってどこか分かってるわけじゃないですか。 いやね。 分かりま

臨時収入を得た

森トラスト総合リートから分配金の通知が届きました。 そういや出ますよねぇ。 普通に忘れてました。 まぁ逆に意識してない分、臨時収入みたいで嬉しいですね。 リートは野村証券で信用の代用証券として差し入れてますが、 (森トラスト  12口・ビルファンド 2口・日本リート  2口で、だいたい400万くらい。) 金額としては割と大きいので、分配金も結構貰えます。 ビルファンドと日本リートの分配金もそのうち

微増と盤石

昨日はセルシウスが上昇し、他もまぁちょっと上げたので資産が80万ほど増えました。 わずかな上昇ですが、まぁこんなもんでしょう。 もしこれがボーナスの金額なら飛び上がって喜ぶんですがね。 どうしてこうも感覚が違うのか。 現状割と盤石というか、 セルシウスは恩株だし、アップルやアマゾン、エヌビディアは心配してないし、 CXSEは上がってないけど(ETFなので)多分大丈夫だろうと思ってるし、 COOPは