検索

爆損した件


水辺・・・・・。


爆損・・・・!!



え??


ダウもナスダックも上がってるのに・・・・???



どうなってんだ!?



小型が・・・・。



小型が息をしてないの・・・!!!



あと250万で5000万と息まいていたら、まさかの250万下がるという劇的な展開。



テーマパークに来たみたいだぜ。テンション上がるな~。





とくに落ちたのはトレデス、EXPI、セルシウス・・・・。



まぁつまり大抵ですね。


トレデスとEXPIは2ケタ%落ちてます。



トレデスは全部売ったんですが。



最近トレデスが少し大きくなりすぎていて、これ以上はあんまり上がらんかな~とは思っていました。


一方で、課税が相当に重いので、売ると今年中の5000万達成は無理ゲーになること請け合い。


ただ、まだ今年はコロナ禍で損切りした分のマイナスと(一部は)相殺できるため、

もうどうせならこの年末に売ってしまった方が良いのでは・・・・・。


そんな風に悩んでいましたが。



これで踏ん切りがつきました。



というかあと数日の間の成績にこだわって売るのを保留してるのどうなの??って感じですが、まぁその点はマジで返す言葉もありません。



決断を先送りしている間にトレデス自体が落ちて更に数十万の追加ダメージを負ってしまった。


まぁしかし、上がり続けている間はもってても良いじゃんとも言えます。

どうせ頂点で売り抜けるのは無理と考えて、ポジティブに行きましょう。



むしろ問題なのはEXPI。こちらはトレデスに替わる主力、セルシウスに次ぐ2位銘柄として追加投資する予定だった。


そしてした。



その直後に10%下げた。



いや、



それならもっと早く下げてよ・・・・・。


超損した気分。



まぁ・・・いい。



これでセルシウス2000万、EXPIが700万。


どっちも今はもっと下がってるけど。



あとはアリババ買いました。


先週買って、昨日更に追加で購入。150万くらい。



まぁ別でCXSEもあるのでこんなもんで良いでしょう。




あとNISAで何買うか迷っていましたが、結局SOXLをぶち込みました。


これは血迷ったかもしれません。



まぁ120万くらい良いやろ・・・・。



なんせ昨日だけで課税と持ち株の下げで250万以上下げたんだ。


1銘柄利確するだけで100万くらい下がるような状況なのに、120万を安定運用したところでどれくらいのインパクトだよ・・・・。



逆にEXPIに追加投資下の方が血迷ってるかもしれない。


上がると思うが、4500万近い金額があるのだから、もっと分散していく方がベターだろう。



しかし、買ってしまう。



これが小型爆益投資家の業か・・・・・。



まぁ一応世界株式ETFやCXSE等、多少は分散も進んでいるのか・・・・??



米小型をセルシウスとEXPIだけに絞って他をETFで運用するのも良いかもしれない。



最近ちょっと前のめりな運用になりすぎているので、もう少しバランスを心掛けたい。



まぁつまり・・・・・・。




来年は7000万!!



1億!!



爆益街道はおわらねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!





水辺の投資ブログをこれからもチェックだ・・・!!





962回の閲覧

最新記事

すべて表示

とりあえず今の持ち株について。 全部書くと長すぎるのでアメ株だけで行きましょう。 大きい奴から、 APPS、CRM、CELH、JPM、GRWG、GOOG、SOXL、U、STKS、MSFT、LTCH、PINS、INFY となっています。 デジタルタービン:1000万(ザックリ) 個人的には良い会社だと思っていますが、いかんせん株価がえらい堕ちてますね。 とても今買い増ししようとは思いません。けど売り

今日は持ち株について書こうかと思ったら、 楽天証券がメンテで見れません。 いや、大体分かるんですが。 まぁ今日は良いでしょう。 何やかんや毎日爆損してますね。 下落率が殆ど変わらず落ちてるのがヤバい。 まぁ資産が減ったことで率がヤバくても下落する金額はマシになってます。 いやーラッキーですねぇ。 実は年末年始からずっと体重が増えていたのですが、流石にそろそろ落として行きたい。 そう思うこの頃。 今

毎日爆損、水辺です。 ついに準富裕層から転落しました。 久しぶりですね。 去年も爆益で7000万を早々に超えたあと、一気に暴落して5000万を割る悲しい事態になりました。 こういう動きをしていると、上がっているときは凄い凄いと言われてちょくちょく褒められて僕もまんざらでもないんですが、下がると皆失望して僕が大したこと無いと気付きます。 当たり前と言えば当たり前ですが、こういうのがハイボラ投資の醍醐