検索

預金口座を見て思ったこと


最近は出費が多い。


スマホも買ったし、細々とした日用品も買った。



基本的に1~2月分まとめて買う。



単に買い物が面倒くさいからだ。



お金をおろした。



そしてふと表示された残高を見る。



100万程度と言ったところだ。



他の銀行口座と証券口座に中途半端にある待機資金まで含めると、


130万くらいにはなるだろう。



再び6000万弱の資産額まで戻したが、現金は130万くらいしかないのだ。



これはどれくらいだろうか?


エクセル先生によると2%くらいのようだ。


少ない。



しかし、実は3月からはずっと追加投資をしていない。


厳密に言えば現在のPFに置き換わってからは、追加で銀行口座からお金を入れていない。



ちなみにそのときにも現金で100万以上はあった。

恐らく110~120万くらいだったはずだ。


ふむ・・・。



つまり全く増えていない。



いや、そりゃあ2ヵ月くらいしか経ってないのだから、そらそうだろって話なんだが。



いやぁしかし、追加入金しないまま現金比率が段々上がるだろうと思っていたら、

意外と3月からほぼ変わって無かったという事実にある種の衝撃を受けている。



繰り返すが、これは当然である。



300万とかになっている方がおかしいのだ。



しかし、いかに給料が資産形成にあまりインパクトを与えない存在になったかを思い知らされるような出来事であった。



なにより、出費も多かったのでほぼ変わって無いのがビビった。



いやあ増えないもんだなぁ・・・。



しかし、何度も繰り返すが、追加入金をしていないのだ。



それはすなわち、


投資をしようがしていまいが、入金しようがしていまいが、


今の水辺がスマホとか、靴とか、日用品とか、何らかの出費を伴えば、ほぼ手取り分がスパっと消え去るという事だ。




驚きである。



別に節約もしていないが、浪費もしていないつもりだったが。



根本的にあまり消費をしていなかっただけで。



まさかここまで消費に対して脆弱な手取りだったとは。



節約志向の人の気持ちが少し分かったかもしれない。



まぁ別にしないんだが。




まぁ今の仕事は大分楽になったので、別に安月給なのは問題ない。



しかし、資産形成ではとてもあてにできない。



ここまで給料が安いと、インデックス投資を積み立てるとかではどうしようもない。


そもそも出費で消えるわけで、月に1~2万のインデックスを積み立てても、割の良い預金と言ったところだろうか。人生を変えるほどのインパクトは無さそうである。



インデックスを積み立てて資産形成とかしようと思ったら、

やはり手取りで25万くらいは欲しいだろう。



とは言え水辺も、既に6000万近く持っているのだから、

インデックスに切り替える事も視野に入れるべきなのかもしれない。



実際にCXSE,2568(ナス100)等に投資しているわけで、

少しはインデックス投資みたいなこともしている。



しかし、半分以上がセルシウスである。



やはり、まだ戦う必要があるか・・・。



水辺の全く増えていない預金口座を見て、そう思った。



果たして水辺は、ここから6000万を超え、7000万へ届くことができるのか。





その結末が知りたい人は、


水辺の投資ブログをこれからもチェックだ・・・・!!












閲覧数:717回

最新記事

すべて表示

はい。 忘れてましたね。 でもしょうがない。 そう。しょうがない。 だってそうでしょう?? 昨日は仕事だったんだから。 そういうもんです。 いまだってにじフェスやってるし、僕はスプラで昇格戦落ちました。 そういうもんです。 まぁつまり何が言いたいのかというと、 別に10月1日も10月2日も変わんねーだろってこと。 ご理解頂けたようでなにより。 まぁそれで、資産の方ですが。 ¥42,970,660

無限に続く爆損・・・!! 日本株でも、米国株でも・・・・!! 爆損!!爆損!!爆損!! あとスプラの腕前がSランクに上がりました。 大事な事なのでね。 まぁでも真面目に今は何にもできない。 なんかこの前も言ってた気がするし、何なら今年は今年はずっと言ってる気がするけど。 今は何もできない。 耐え忍ぶのみ。 ここは耐え忍ぶ・・・。 仕事が微妙に忙しい。 本当に微妙に。 まぁでも労働は以前よりつらくな

下がるな・・・・・・・ 下がるなぁ卑怯者ぉぉ!!!!!!!! 下がるなぁアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!