検索

上がった


上がりましたよ。


現在5800万。


6000万に戻るのは流石に無理でしたが、今日はどうなりますかね。



実は水辺、最近仕事中にネットサーフィンするのも随分と板についてきたんですが、


なんかこの間人工光合成っていうのが凄いって見ましてね。



はえ~~そんなん出来たらそら凄いわなぁ。出来たら。



って思ってたんですがね。




えっ!!植物を超える光合成を??





トヨタ「できらぁ!!」





いや出来んのかい。




ビックリしたわ。ついこの間はえ~~って言ってたところなのに。



けどこれって実際、どんくらい市場価値があるんでしょうかねぇ。



もちろん、ここから更に効率を上げていくんでしょうが。

植物超えたって言っても、木炭ですら何十年も木が蓄えたエネルギー??を元にしてるわけでしょ??多分(ド素人感)



まぁ人工物なら規模を増やせば良いだけなんかな??





トヨタさんがこの技術で稼ぐ未来に賭けるべきですかね??





それもたいへん夢があって良いですね。



まぁ割と凄い技術を開発した!!ってなってからいつの間にかその分野で後塵を拝すこともあるので市場競争は難しいものです。




ここはトヨタさんに頑張って欲しいですが。




水辺も最初に買った株なので思い入れがあります。



まぁ今持ってないんですけど。





まぁプラスチックとか石炭火力とか、


ぐちぐち国際社会に文句言われるのも面倒なので、


石油も石炭もバリバリ燃やしながら

「ほ~ん。僕らは光合成があるからだいじょうぶなんよねぇ。」

って涼しい顔で煽ってみて欲しい。



めちゃくちゃ顰蹙買いそう。



トヨタ「また俺なにかやっちゃいました??」








テスラさんはどうするのか。



確か水素自動車否定派だったよね、イーロンマスク。



なんか人工光合成は結局水素発電に繋がるんですって、ワケ分かんないですね。




電気自動車自体は発電所で電気必要なのは変わらんから、発電まで抑えたトヨタさんはより先を行ってる感ある。



そこはでもなんとかしてくるのかね。



ぶっちゃけ日本企業が技術突破しても市場取れなかったこと結構あるんじゃないかね。

まだ分かんねーな。



植物以上もどんくらい凄いのか良く分かんねー。





けど間違いなく言えるのは、もう植林しなくても良くね??


植物以上に光合成できるなら植林しなくても良くね??


杉とかヒノキとか、花粉症の原因になる奴切っちゃえば良いのに。



まぁ水辺は花粉症じゃないから良いんだけどさ。



けどなったら凄いキツイらしいから、

なる前に用済みの木どもは伐採してしまえば良いのでは??(なろう主人公感)



杉とか地滑りも防げんらしいし。なんなんコイツ??




森林伐採に文句言われたら人工光合成って連呼したら押し切れるだろ。






無理か。




無理やね。




でもプラ規制もあるから杉切りまくって木材活用したらええんちゃう??



水辺は弁当買う時は絶対割り箸付けてもらうからね。


木に優しくない人間だからね。



まぁなんか頑張って欲しい。



水辺の割り箸の為に。





水辺の投資ブログをこれからもチェックだ・・・・!!













367回の閲覧

最新記事

すべて表示

とりあえず今の持ち株について。 全部書くと長すぎるのでアメ株だけで行きましょう。 大きい奴から、 APPS、CRM、CELH、JPM、GRWG、GOOG、SOXL、U、STKS、MSFT、LTCH、PINS、INFY となっています。 デジタルタービン:1000万(ザックリ) 個人的には良い会社だと思っていますが、いかんせん株価がえらい堕ちてますね。 とても今買い増ししようとは思いません。けど売り

今日は持ち株について書こうかと思ったら、 楽天証券がメンテで見れません。 いや、大体分かるんですが。 まぁ今日は良いでしょう。 何やかんや毎日爆損してますね。 下落率が殆ど変わらず落ちてるのがヤバい。 まぁ資産が減ったことで率がヤバくても下落する金額はマシになってます。 いやーラッキーですねぇ。 実は年末年始からずっと体重が増えていたのですが、流石にそろそろ落として行きたい。 そう思うこの頃。 今

毎日爆損、水辺です。 ついに準富裕層から転落しました。 久しぶりですね。 去年も爆益で7000万を早々に超えたあと、一気に暴落して5000万を割る悲しい事態になりました。 こういう動きをしていると、上がっているときは凄い凄いと言われてちょくちょく褒められて僕もまんざらでもないんですが、下がると皆失望して僕が大したこと無いと気付きます。 当たり前と言えば当たり前ですが、こういうのがハイボラ投資の醍醐